このウィンドウを閉じる

本殿(霊光殿) (ほんでん れいこうでん)

本殿(霊光殿)の外観
開山千二百年記念事業として計画され、5か年の歳月を経て昭和54年(1979)に完成しました。代表的な行事の舞台となり、年間約300万人もの参詣者をお迎えする当山の信仰の礎となる殿堂の代表です。また、本殿前には長さ約 12m、総重量1.5tの大注連縄がかけられています。
このウィンドウを閉じる